ニュース

2022/03/28 商品紹介

急な地形でシザーリフトを使用特に気をつけるべき事

スロープでシザーリフトを使用できますか?

高所作業車業界のほとんどの人々が、斜面でのシザーリフトの使用に反対しています。しかし、シザーリフトの中でも一部の型は、傾斜面で使用が可能です。この場合も、シザーリフトの使用方法を守り、最大作動角度を超えない限りは、勾配の急な斜面においても使用が可能です。

最大作動角度は、通常シザーリフトのIDプレートに記載されています。若しくは、プラットフォーム上に記されています。もし、文字が擦り切れて読めないような場合は、取扱説明書にて角度の確認が可能です。もし、角度が記載されていない場合は、スロープでの使用が不可の場合がありますので、平らな地面でのみ使用してください。

斜面でシザーリフトを安全に使用する方法

斜面でシザーリフトを使用する際は、斜面以外に以下の危険がないか、事前に作業現場を確認してください。

 取扱説明書を読み、斜面での運転、または作業に関するガイドラインに従ってください。

 車体が、安定した平らな面にない限り、プラットフォームを上昇させたり、拡張したりしないでください。

 角度が分からない場合は、スロープでの運転は避けてください。

 斜面の表面牽引力(摩擦力)に応じて速度を制限してください。

 シザーリフトの最大作動角度を超えないようにしてください。

 滑らかな路面や、不安定な路面での制動距離は、ゆとりをもって確保してください。

 斜面でのシザーリフトの使用方法の訓練を受けていないドライバーは、絶対に使用しないでください。

 

シザーリフトのアウトリガーを使用する

アウトリガーやタイヤ止めは、特に傾斜面での駐車や使用時にシザーリフトの安全性を向上させることができます。アウトリガーの使用で、車体を水平に保てることに加え、より安定した基礎を確保することにより安全性が向上、転倒のリスクが減少します。アウトリガーの下には、板などを挟むことで、安定性を高めます。シザーリフトが重い荷物を運ぶ際や、本来の能力を発揮する際にも、安全面からアウトリガーの使用が推奨されています。

タイヤ止め

タイヤ止め

アウトリガー

詳細をご希望の方は、こちらからご連絡ください。
その他高所作業車関連ニュース:

Things you need to know when using a Boom Lift on a slope
The NEW scissor lift for rent: GS1932m E-Drive (Slab Scissor Lifts)
New Genie 14m GS4655 is now available in Vietnam!